カードローンの借入限度額の設定について

消費者金融などでカードローンを契約される方は、原則として個人の場合が多く、定職を持ち定期収入を得ている方なら契約することは可能です。個人の場合は、大抵はどこかの会社に正社員・アルバイト・パートで雇用され、月額の給料を貰って生計を立てているのが普通となります。

 

そのため、カードローン契約を結ぶ上では、個人希望や信用状況などに応じて借入限度額を設け、その限度額を超える金額は借りることができません。この借入限度額の設定は、年収の金額と個人の信用状況によってカードローン会社が自由に設定することが可能です。

 

なお業者を規制する貸金業法においては、総量規制を条文に設けており、原則として年収の3分の1までの間に借入限度額を設定しなければならないとしています。そのため、契約を締結する段階では、本人の収入証明書を提出することで法律に抵触しないかの判断が必要となります。

 

ただこの規制は最大限の限度額の規制であり、カードローン会社が別途、年収の3分の1を超えない範囲であれば自由に設定することは可能となります。例えば、年収の4分の1や5分の1のような設定の仕方は可能で、2分の1の限度額を設定することは3分の1を超えるため法律によって規制を受け違反となります。

 

簡単に言えば、カードローン会社は個人の年収の3分の1までなら自由に融資をすることができると解釈されます。借入時の金利の設定については、融資額によって金利が決まり、融資額が多ければ多くなるほど、それに比例して金利も低くなるのが一般的です。