金利が安いキャッシングは銀行のカードローンの利用を

キャッシングなどでお金を借りるときには、なるべく金利の安い条件で借りたいと思うものです。しかし、巷にあるような消費者金融業者は利息制限法の法定金利上限での貸し付けであり、金利が安いとは言えません。しかし、消費者金融業者よりも金利が安いキャッシングは可能なのです。その方法は銀行のカードローンの利用です。現在、大手銀行やインターネットバンクが多種多様なカードローン商品を展開しています。いずれも基本的には消費者金融業者の金利よりも低くなっています。さらに総量規制の対象外という条件もあるために利用者は増加し続けており、新規契約数も増加し続けているのです。全くの新規契約以外にも、他の消費者金融業者やクレジット会社に対する借金をまとめたり、借り換えする際にも銀行カードローンは利用されています。金利が安くなることによって、毎月の返済額も安くなるケースが多いのです。ただし、利用するためには当然ながら審査に通る必要があります。この審査は提携している消費者金融業者(保証会社となっています)の基準で行われており、即日の結果判明が可能です。ただし銀行カードローンの場合には収入額よりも在籍期間が重要視されています。1年程度の在籍期間では、審査に通るか否か微妙なところであり、例え審査に通っても融資限度額が低額に設定されるケースが多く見られています。しかし、一旦契約が成立すれば条件次第では低金利でのキャッシングが可能となります。もちろん計画的に使用することが大事です。