カードローンの再審査に通過するためのコツ

一度カードローンの審査に落ちても、ある程度の期間が経過していれば、同じ金融機関で再審査に申し込みをすることができます。しかし、前に申し込みをしたときとなにも変わっていなければ、同じ結果になることは目に見えています。

 

一度落ちてから再審査に申し込みをするまでには、最低でも半年は経過していることが必要になるでしょう。前回なぜ落ちたのかという理由を考えることはとても重要です。ブラックリストに載っているために落ちたのであれば、半年程度では状況は改善されないでしょうから、同じ結果になる可能性が高いです。働き始めてから3ヶ月しか経過していないために落ちたのであれば、9ヵ月後には勤続年数が1年になっているので、再審査に通る可能性は高いかもしれません。

 

もしも過去に金融事故を起こしていて、そのために前回落ちたのであれば、同じ金融機関に申し込みをするときには注意が必要になります。なぜなら、金融機関に一度申し込みをすると、審査に落ちたときの情報が社内記録に残っている可能性があります。そのため、5年程度が経過していて個人信用情報からブラック情報が消えていても、社内記録には残っていて、それが審査に影響する可能性があります。

 

また、同じ会社のローンに申し込みをする場合、電話で申し込みをしたときに、どのような目的でお金を借りるのかという質問がされることがあります。「結婚式のため」など、正当な理由がこたえられると借りやすくなるでしょう。

 

クレジットカードのようにサービス内容が異なるならともかく、カードローンはお金を借りることが目的ですので、特定の金融機関にこだわる必要はありません。そのため、過去に落ちた会社では不利だと感じたら、別の会社にしておくということも1つの選択肢です。